HOME > > お箸のあれこれ > 箸マナーについて
箸の知識

箸マナーについて

お箸はその長い歴史のなかで、日本人独特の美意識や礼儀作法を育みました。

「言葉使い」同様、「お箸使い」は人を見るバロメーター。正しく箸が持てるだけできちんとした人と思われます。

お箸の正しいマナーを、この機会にもう一度見直してみませんか?

お箸の正しい持ちかた

下の箸を薬指の先端と親指・人差し指の股部に置いてしっかり固定し、親指で二本を押えます。

上の箸を親指・人差し指・中指の三本で動かして、食べ物を挟んだり摘んだりします。

重要なことは、下の箸は固定し、上の箸だけを動かして食べることです。

お箸の機能とは?

箸を使う国は多くありますが、純粋に箸のみを使っているのは日本だけ。

伝統ある日本の食文化において、2本の棒からなるお箸は、いろいろな機能を持ちあわせており、「運ぶ」「挟む」「摘む」「すくう」「切る」「割る」「押さえる」など、実に多様です。

箸使いのタブー

日本の食事作法における箸使いのタブーは、江戸時代に確立されたといわれています。

皆様はいくつご存知ですか?

  • 立て箸→ご飯の上に箸を突き立てること。仏箸ともいわれる。
  • 刺し箸→料理に箸を突き刺して食べること。
  • 涙箸→箸の先からポタポタと汁をたらすこと。
  • 迷い箸→どれを食べようかと迷い、料理の上であちこちと箸を動かすこと。
  • ねぶり箸→箸についたものを口で舐めて取ること。
  • 指し箸→食事中に箸で人を指すこと。
  • 重ね箸→同じ料理ばかり何度も続けて食べること。
  • 寄せ箸→食器を箸で手前に引き寄せること。
  • 箸渡し→箸で摘み上げた料理を別の箸で取ったり、箸と箸で料理を挟むこと。
  • 渡し箸→食事の途中で碗や皿の上に箸先を向こうにしておくこと。汚れた箸先を人に向けることは失礼。

正しい箸使いは、食事に対する気持ちの余裕を生み、料理をいっそう美味しくすると思います。

ページ上部へ

川上商店
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-8 [唐木箸製造卸]株式会社川上商店
Tel.03-3661-7066 Fax.03-3661-7128 info@kawakamishoten.co.jp

Copyright(C) 2005 Kawakami-Shoten. All rights reserved. 

株式会社 川上商店 お問い合わせフォーム Tel:03-3661-7066