HOME > > お箸のあれこれ > お箸のコラム
箸の知識

お箸のコラム

割り箸は不要な木材で作られているから、いくら使ってもいい」と世間では誤解されています。みなさんはいかがでしょうか?

先日、商談中にお客様からたいへん興味深いお話をお聞きしました――。


『科学者であり、オーケストラ指揮者でもあった高木さんは、25年前までM社に勤務されていました。

当時、自分の箸、いわゆる“マイ箸”を使っていた高木さんは、本社総務課長と食事をされたとき「国土の65%を森林が占める日本の割り箸のほとんどが、途上国からのもの。それも大半が、国土の20%しか森林がない中国産」という話をされたそうです。

その後、M社の本社食堂がマル箸(洗い箸)に変わりました。本社が変れば全社が変り、今では社員20万人がマル箸を使っているといいます。


ここでざっと計算してみてください。

1日20万膳×1年の出勤日200日=年200万トン、標準木(直径15センチ長さ8メートル)に換算して、毎年4000本の木が守られていることになります。』


本当によく勉強されていて驚かされました。

事実、林野庁のデータでは、20年前には約60%が国内の間伐材で作られていましたが、年々減少。現在では95%が輸入で、その8割が中国からとなっています。

私も正直、「割り箸は無駄では?」と漠然と思っていましたが、具体的な数字を示されるとゾッとします。

いったい、年間に何本の木が割り箸となっているのか? そして外国からはどう思われているのか?

このお話を聞き、自分ができることは微々たるものでも、少しづつでも努力していこうとあらためて感じさせられました。

ページ上部へ

川上商店
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-8 [唐木箸製造卸]株式会社川上商店
Tel.03-3661-7066 Fax.03-3661-7128 info@kawakamishoten.co.jp

Copyright(C) 2005 Kawakami-Shoten. All rights reserved. 

株式会社 川上商店 お問い合わせフォーム Tel:03-3661-7066